デリヘル嬢がお仕事に持ってくるバッグの中身には秘密がいっぱい!?

デリヘル嬢のお仕事バッグの中身

デリヘル嬢のお仕事バックの中身

デリヘルの風俗嬢がキッチンタイマーを持つ訳

投稿日:2015年6月13日 更新日:

デリヘルでタイマーは必須

デリヘルでタイマーは必須

デリヘルで要望したコース時間を計るのにキッチンタイマーを利用する風俗嬢がほとんどです。

これは100分計なので90分コースを超えると使えないのですが、基本的に60分や90分コースを要望するお客様が全体の90%以上なので特に問題なく利用できるのです。

そしてタイマーの本来の使い方というが実際は店や女の子によってかなりの違いがある。

正統派のデリヘル店ならば、部屋で待つお客と合流してお店に携帯電話で入室コールを行った後に、予定時間の10分前にセットをするといった感じだ。

しかし、未経験や不慣れな女の子などは15分前にセットする様にお店から指示されている事があります。

ベッドプレイの終わりを知らせるタイマーだが、その後お客と一緒にお風呂に入ってローションを落とし着替えて駐車場で待つデリヘルスタッフのもとまで時間がかかってしまうからなのです。

ちゃんとしたお店で講習を受けていれば、浴室にいくと必ずバスタブにお湯が張られているもので、一番の理由は、素股などでローションを使うためです。このローションは水溶性なのだが、シャワー程度の湯量ではボディーソープでゴシゴシ洗っても簡単に落ちないから時間がかかります。

しかし、バスタブにお湯を張っておけば、お客をバスタブに誘導して湯の中でちょっと手で擦れば魔法の如く簡単にローションが落とせる、温度と言うよりは湯量の問題となり、そしてシャワーを使いボディーソープで簡単に洗えば手間隙掛からずに簡単にローションを落とせる。

こうした講習を受けておけば、結果として時間の短縮になるという訳だ。
スタッフはトラブル対策は出来てもそういう細かい講習をしていない、または知らないのである。

デリヘルの風俗嬢がキッチンタイマーを持つ訳

いちいち細かいデリヘルの客

タイマーの件でお客がデリヘル嬢にクレームを付ける場合があります、これは部屋に入ってすぐにタイマーをセットした行動を見て、時間短縮と怒り出すのだ。

しかし、実際問題として時間を計っている基準となるのは、入室コールを受けたお店のスタッフなのです。

10分前コールはデリヘル店が時間を入室コール時より計測しているからできるのですね。

つまり、風俗嬢が10分前にセットしているのか、15分前にセットしているかはお客は知らない。

入室時に10分前にセットしてから入室コールをしても、入室コール後に15分前にセットしても差がないのだ。

しかしタイマーで怒るよりプレイで手を抜かれる方のが本来問題ではないでしょうか?

少し悪質な本番店などでは、予約電話で15分で到着しますとスタッフが言っても、実際に到着するのは30分以上待たされた経験はないだろうか?

予定時刻より30分位なら遅れてもラブホテルにいるなら帰らないだろうし、もしも文句を言われたら渋滞やらパンクで別の車に乗り換えたなどトラブルが発生したといえばいい。

最初からすぐには到着しないのを判っていながら予約を確保したいから客との時間の約束は後回しというのが現状だ。デリヘルに問合せをするお客様は込み合う時間帯が重なるだけに、少しでも予約を確保したいが為に約束時刻より遅刻するのを最初から判って予約を受け付ける風俗店が多いという事ですね。

更に酷いとお客が昇天したら、女の子が帰っていい?と客に話を切り出す店だ。。。

90分コースの料金を払っているのに、極論で言えば実質的に30分程度で帰ってしまう女の子だっている悪質なお店だ。

写真詐欺だったり、サービスの悪い風俗嬢を理解しながら雇う店だったりいろいろです。

デリヘル遊びは決して安価ではないが、遊びと割り切って納得のいかない店は次回は使わない程度で割り切って遊ぶのが無難ですよね。

-デリヘル嬢のお仕事バックの中身

Copyright© デリヘル嬢のお仕事バッグの中身 , 2018 AllRights Reserved.